子どもがマンションなどのベランダから転落する事故が後を絶たない。

命にかかわる事故がなぜなくならないのか。

原因や対策を探った。

 

東京都内の44階建てマンションの31階に住む女性(40)は、4歳の息子がベランダに1人で子供用のいすを持ち出していて、ヒヤリとしたことがある。

「外が見たいとよく言っていた。気づくのが遅かったら危なかったかもしれない」

 

転落事故は各地で起きており、2015年11月には、横浜市内のマンション6階のベランダから5歳児が転落し、重傷を負った。

同年5月には福岡県内で、マンション12階から3歳児が転落、死亡した。

母親はゴミだしで外にいたという。

こどもの転落事故防止
 

東京消防庁によると、11~14年に東京都内で12歳以下の子供の136人がベランダや窓から転落し、救急搬送された。

消費社長は注意を呼びかけ、消防や消費生活センターからの事故情報をホームページに公開している。

 

ベランダの構造に問題はないのか。

国は建築基準法に基づき、2階以上のバルコニーには安産上高さ110センチ以上の柵などを設けるように定めている。

また、住宅品質確保促進法に基づく優良な住宅の評価基準では、手すりの設置は、足がかりとなる部分が高さ30センチ以上65センチ未満の場合、そこから80センチ以上の高さにするとしている。

 

日本大学教授の八藤後猛さん(建築安全計画)は「柵の高さが110センチあっても安心できない。足がかりがあれば簡単に柵を乗り越えられる」と指摘する。

 

屋東吾さんが4~6歳児90人に行った実験では、身長105センチ以上の5,6歳児は、エアコンの室外機ほどの高さ70センチの台に登ることができた。

高さ20~30センチの台に乗れば、110センチの柵の上に身を乗り出せることもわかった。

「子供は体に対し、頭が大きく、柵から外を覗き込んだだけで落ちてしまう。室外機と柵が近いと柵に飛び移ることもできる。4歳以下でモダンや物に自分で登れるようになれば注意が必要だ」。

 

格子状や横に桟がある柵、コンクリート腰壁の上にある柵だとよじ登りやすいという問題もある。

 

ベランダの使い方も注意したい。

日本技術士会「子どもの安全研究グループ」の技術市、森山哲さんは「くつろぎの場として机やいすを置く人が増えている。子どもにとっては危険だ」と警鐘を鳴らす。

プランターなどの踏み台となるものを置かない、ベランダに続く窓の子供の手の届かない位置に補助錠を追加することなどが対策になる。

 

一方福島学院大学教授の織田正昭さん(母子保健学)は「高層住宅が増え、子供が高所を怖がらない『高所平気症』になっているのも要因の一つではないか」と話す。

幼少から高層階に住み、地上からエレベーターで一気に移動する生活を続けると、高さを把握する感覚の発達の遅れや麻痺につながるという。

「ジャングルジムで遊ぶなどして、自分のいる高さなどを把握させたり、高所の危険性を学ばせたりすることが大切です」

 

対策に乗り出す開発業者もある。

大京(東京)は12年に独自の安全基準を設け、エアコンの室外機と柵を60センチ以上離している。

60センチ以上離せない場合は、室外機を壁からつるすなどしている。

 

子どもの事故防止を研究する産業技術総合研究所の西田佳史さんは「柵によじ登る足がかりとなる部分について、子どもが乗り越えにくい柵など安全優先のバルコニーを設計することが必要だ」と話す。

 

 

読売新聞(谷本陽子氏):平成28126()