吹上駅最寄りの不動産なら三国ホーム吹上店

【新築戸建て分譲:吹上駅を中心に鴻巣市・行田市・熊谷市】 三国ホーム吹上店はJR高崎線「吹上駅」最寄りの物件を中心に取り扱っています。土地の開発分譲によって新築住宅の販売を得意とする会社です。弊社の商品は、「低予算のこだわりの家」をテーマとしています。ご予算に応じた商品をご提案させていただき、お客様と一緒に考え、最適な商品をご購入いただけるようにお手伝いさせていただきます。 【ご購入前もご購入後もプロのコンサルタントしてお手伝い】 三国ホーム吹上店では不動産に関する5つの専門知識でご購入の前にはお客様に最適なアドバイスを行い、さらに、ご購入後にその時のご事情に合わせてコンサルタントさせていただきます。

2016年09月


~費用保険(所得補償・盗難)の気になる内容~

費用保険は、一般の損害保険と補償内容が近い。

どちらも「(天災などの)損害からの補償」は変わらないところ。

両者の違いは損害の範囲だ。

 

損害保険は、住宅や家財など、補償の範囲が限られている。

一方で費用保険は、損害に対して撤去などをするときに必要になった間接的な費用をカバーしている。

例えば、水害では、水はけ道具を購入した費用や包括的に補償してもらえる保険ということだ。

それでは、損害保険だけではなく、費用保険の必要性はどうやって見るとよいのだろうか。

01
 

~費用保険(所得補償・盗難)の活用~

ひとつの方法は、行政が発行している「ハザードマップ」を確認することだ。

近隣の河川が氾濫する可能性が高く、「損害保険だけでは心もとない」という場合は、費用保険への加入も併せて検討するようにしたい。

 

この項では、費用保険のほか、所得補償保険や盗難保険も抑えていく。

いずれの保険も、「こんな保険があったらいいな」という声にこたえて登場したもの。

弁護士保険や不使用チケットなど、新しい需要に対応したミニ保険も生まれ、大きな注目を浴びている。

今後もミニ保険に求められるニーズは、時代を映す鏡となるだろう。

 

既存の損害保険でカバーされていなくてもあきらめることはない。

日進月歩で新しい商品の生まれるミニ保険の世界だけに、検索サイトで最新のミニ保険を探してみると、長い間待ち望んでいたような斬新な新商品が生まれていることもあるだろう。

02
 

 

28年4月19日発行 宝島社:TJMOOK「ミニ保険」完全ガイドより

公式フェイスブックページはこちらから
https://www.facebook.com/mikunihomefukiage/ 
 


~店舗保険の気になる内容~

店舗保険とは、建物所有者から賃貸借し、主に商業利用する場合において火災や損壊、盗難があったときの保険として活用されているものだ。

個人が居住用住宅を借りるときに加入することの多い「火災保険」や「家財保険」と似ているが、別種類の保険だ。

同様の保障内容の保険は、居住用住宅の火災保険を販売している一般の保険会社が別商品として扱っている。

建物所有者から賃貸借で物件を借り、商用に使い場合は店舗保険を考えたい。

 01

~店舗保険の活用~

居住用住宅の場合は地域性リスクにもよるが、火災保険以外まで加入することは珍しい。

最近は各地で地震が頻発しているため、「地震保険への加入」が増えてきたのが例外だろうか。

一方、いわゆる商業利用は同じようにいかない。

火災のリスクを同じように、給排水の故障による水設備へのサ音がいや、大雨や台風によるリスクは「事業活動」と直結するため、検討が必要だろう。

 

商業利用の場合、自社設備への損害や大家への損害のほか、万が一の際に大きな問題となるのが他人への賠償。

火災の類焼や水道トラブルによる水漏れなどは、事業規模を軽く超える賠償責任を負担しなければならないケースもある。

 

ただ、火災保険に加入して、損害保険に加入して・・・となると、保険料が重くのしかかるのも懸念材料。

そこで注目されたのが、「広く補償する」店舗保険の存在だ。

商業利用に限定をしたうえで、事業活動としてのリスクを補償する、効果的なミニ保険といえるだろう。

02
 

 

28年4月19日発行 宝島社:TJMOOK「ミニ保険」完全ガイドより

公式フェイスブックページはこちらから
https://www.facebook.com/mikunihomefukiage/ 
 


~家財保険の気になる内容~

賃貸物件に入居する月に加入する家財保険。

入居者の家財を守るための保険と思われがちだが、実は違う。

家主や第三者に対する賠償責任も補償の対象になっているのだ。

おかげで浸水事故などの他人を巻き込んだ事故でも、経済的な負担をカバーしてくれるので、住人同士のトラブルも回避しやすくなる。

こうした事情から家財保険への加入を不動産会社から進められるのが通例だ。

しかし、賃貸借契約では指定された保険会社への加入強制はない。

保険会社によって補償内容や保険料はまちまち。

自分に合った保険を選んで加入したい。

01
 

~家財保険の活用法~

ミニ保険のジャンルに家財保険がある。

儒環境やお客のニーズに合った自由度の高い商品を展開、それが魅力となり人気を博している。

例えばマンションの中高総会の生活は、平屋建てやマンションの低層階と比べると、「盗難、水災、風災」のリスクは低いといわれる。

そこでこうした保障を不担保にすることで保険料を節約することができる。

また神屋水回りのトラブルに対応した24時間365日サポートや、ペットの健康相談やペットと泊まれる宿泊施設の紹介サービスといった、契約することで自動的に付帯されている無料サービスに目を向けて保険選びを行う人も多い。

短期更新で生活の変化に対応しやすいのも特徴だ。

02
 

 

28年4月19日発行 宝島社:TJMOOK「ミニ保険」完全ガイドより

公式フェイスブックページはこちらから
https://www.facebook.com/mikunihomefukiage/ 
 


~ペット保険の気になる内容~

ペットを飼う人にとっては犬や猫も大切な家族。

最近は、爬虫類や鳥類と暮らす人も増えている。

ペット保険は、そんな家族を病気やケガが襲った時、補償してくれる医療保険だ。

ペット保険は取り扱い会社によって、いくつかの種類に分かれる。

爬虫類、鳥類が対象の保険も目立つ。

対象の種類だけにとどまらず、ペット保険は病気を補償対象としている保険と、ケガに広げて補償範囲とする保険がある。

あまり動き回らないペットであれば病気のみの保障で問題ないが、家の中や、ましてや外を走り回る場合はケガへの保障も大切だ。

また、他人に嚙みついた時の「保障」も大切なポイント。

不安の場合は、賠償補償付きのペット保険を選びたい。

01
 

~ペット保険の活用~

ペット保険は医療費に対して、70%や50%という補償範囲の上限額が定められている。

70%のほうが保険料が高くなる傾向があり、毎月の支払保険料と相談して決めるようにしたい。

また、保険によっては保証対象にならない「免責額」が決められていることに注意したい。

 

対象となるペットの種類も保険によって異なる。

多くのペット保険は犬と猫が対象だが、鳥類や爬虫類に対象を広げているものも。

ただ一口に「犬」といっても、小型犬から中型犬、大型犬まであり、犬の大きさによって保険対象かどうかが変わる場合もある。

サイズによって保険料が異なるため、加入を考えているペットがどの保険に該当するのかを確認したうえで、他社比較を進める必要があるだろう。

 

特約にも注目したい。

診断書費用保険金、診断書の発行時の保険金などが設定されている商品もある。

もちろん考えたくはないが、いつか別れが訪れるもの。

「火葬費用負担金」として、家族との別れ中かる費用を保険金で負担してくれるものもある。

 

商品の持つ補償内容や保険料を確認し、契約者自身が「希望に近い」と考える商品を選んでいくようにしたい。

家族同然のかわいいペットのためによく考えたいところだ。
02
 

 

28年4月19日発行 宝島社:TJMOOK「ミニ保険」完全ガイドより

公式フェイスブックページはこちらから
https://www.facebook.com/mikunihomefukiage/ 
 


~介護保険の気になる内容~

自分自身や家族に介護が必要になったとき、自分だけで支えていくのは難しいもの。

そこで保険料を納め、介護が必要になったときに補償してもらうのが介護保険である。

日本は世界有数の長寿国で、平均寿命も男性で80.5歳、女性で86.83歳まで伸びている。

それに伴って介護を必要としている人も増えており、介護保険に対する注目度も高まっている。

現在も介護保険の補償内容や受取条件は多岐にわたっているが、ミニ保険の場合は加入条件が緩いことで、商品開発がさらに進んでいくことが予想される。

01
 

~介護保険の活用法~

日本には公的介護保険があるので、介護がすべて自己負担というわけではない。

しかし、公的介護保険はあくまで必要最低限の保障なので、サービスを充実させたい人は民間の介護保険に加入しておくとよい。

死亡保障がセットでついているものも多いので、死亡の際に発生する諸費用もカバーできる。

介護保険は商品によって給付内容が異なるが、ミニ保険は一時金を支払うタイミングが多い。

支払う保険料もそれほど多くないので、日常生活にあまり支障は出ない。

ただし保険額も大手会社の介護保険と比べると額が少ないので、あくまで公的介護保険を補助するものとみなした方がいい。

02
 

28年4月19日発行 宝島社:TJMOOK「ミニ保険」完全ガイドより

このページのトップヘ