ベンチャー企業の住宅リノベーション(大規模改修)関連サービスを利用する消費者が増えてきた。

IT(情報技術)の浸透でベンチャーでも全国で事業展開しやすくなり、個性的な提案で、単身者や少人数世帯の「こだわり」を取り込んでいる。

新築マンション離れが進む中、中古の取引は活況で売り出し個数は過去最高水準だ。

欧米に比べて後れていた中古住宅流通の普及を新興企業が後押ししていきそうだ。

 リノベる

「間取活をあわせるのはいや。生活に間取を合わせたかった」会社員の小暮雄介さん(32)は都内で築40年の中古マンションを改装。

LDKを1DKに変えて対面キッチンのリビングを大きくとった。

夫婦で人を招くのが好きな小暮さんが利用したのは物件の紹介から施工まで一貫して手がけるリノベる(東京・渋谷、山下智弘社長)のサービスだ。

 

専属の担当者がデザイナー選びやローンの手配に協力する。

平均的な工事費用は70平方メートルで約886万円。

2015年度の受注件数は330件を超える見通しだ。

 

15年度はショールームを地方に広げ、長崎市など新たに6ヶ所開設。

全国19ヶ所でリノベーションの実例を紹介する。

若い世代の利用者が増えており、3月中旬には商業ビルの渋谷ロフト(東京・渋谷)に専用の相談カウンターも開く。

 

会社員の浅井功さん(33)は15年10月、約50平方メートルの物件を改装し単身で暮らし始めた。

マンションの購入費を含めて費用は約1700万円。

インベスターズクラウドの定額制サービスを利用した。

サイトで物件の広さや好みのキッチンなど8項目を選ぶと即座に料金がわかる仕組みだ。

 

中古住宅の人気は高まっている。

不動産経済研究所によると、15年の首都圏新築マンションの販売戸数は約4万戸。

約9万戸だった00年と比べると半分以下に減った。

その一方で16年に新たに売り出された中古マンションは首都圏で約17000(東日本不動産流通機構)と過去最高の水準だ。

戸建ての改装も増えており、消費者の住宅選びや暮らし方は変わりつつある。

新築は価格が高騰
 

中古住宅の取引が活発になる中、転売を仲介するサービスも登場している。

 

ツクルバ(東京・渋谷、村上浩輝再考経営責任者)156月、リノベーション住宅に特化した売買サイトを開いた。

一般的な不動産サイトは築年数で評価することが多く、リノベーション物件は埋もれてします。

毎月掲載する物件の715%が成約につながるという。

 

サイトでは施工主のこだわりを紹介するほか、推薦物件は「バーチャル内覧」で遠方に住む人でも室内をくまなく確認できるようにした。

360度全方向をカバーするカメラで撮影した動画をスマートフォン(スマホ)と連動。

たとえば利用者がスマホを天井に向けると物件の天井の様子がわかる仕組みだ。

 

欧米では中古住宅が住宅流通の8割前後を占める。

日本ではまだ2割に満たない。

住宅の改装も地域ごとに地場の工務店が手がけるのが一般的だったが、ネットの普及やITの進化で市場は変わりつつある。

 

大手ハウスメーカーや住宅設備会社のように全国に系列営業網がないベンチャー企業も工務店をネットワーク化し、独創的でニッチな需要でも幅広い層から顧客を掘り起こしやすくなっている。

今後の市場拡大をにらみ海外の企業も進出してきた。

改装仲介サイトの世界最大手も米ハウズ(カリフォルニア州)154月に本格的に営業を開始。

建築家やデザイナー工務店名外消費者をネットで結ぶマッチングサービスを始めた。

設計事務所などですでに国内だけで8000社が登録している。

 

~中古住宅市場~

日本の住宅市場は作っては壊す「スクラップ・アンド・ビルド」が中心で中古住宅の流通は欧米に比べて遅れている。

住宅ストック数は2008年時点ですでに総世帯数より15%多く、空き家も13年で820万戸と全体の13.5%に達する。

このため国も中古住宅の流通活性化を支援。

25年には流通市場を13年比2倍の8兆円、リフォームやリノベーション関連の市場をどう7割増の12兆円に伸ばす目標を掲げている。

 

 

日本経済新聞:平成2837()